アップルウォッチ3のバッテリーがどれくらい持つのか検証

私がアップルウォッチでやりたいことは

地図を見ること。

バイクや自転車で遠出したときに

現在地がわかればOK。

他の脈拍やらワークアウトの機能は使わずに

地図で現在地を確認しながら4時間自転車で

遠出するとどれくらいバッテリーが減るのか

調べてきました。

アップルウォッチにはGPS が内蔵されているので

オフラインでマップ表示できるだろうと思い

iPhoneのBluetoothオフで出発してみるとコレ。

オフラインでマップ表示は諦めて

Bluetoothオン。iPhoneとペアリングします。

ぶらっと自転車で適当に移動。

新大阪駅まで来たよ。

おおー ちゃんと現在地が表示されている。

これですよコレ

これがやりたかったのですよ!

豊中市まで走って来た。

時刻の左に月のマークが出てますが

おやすみモードにしています。

通知も何も来ないので節電できます。

服部緑地までやって来た。

初めての場所もマップがあれば余裕ですな!

時計横のデジタルクラウンを回すと

拡大・縮小できますよ。

吹田駅前イオンまでやって来た。

10時半に出発したから4時間走ったのです。

さーて 気になるバッテリーは〜?

うほー

まだまだ全然イケますな!

旅先でチラチラ地図を見るだけの運用なら

かなり持ちますよ!

平日はおやすみモードオフで

通知やワークアウトappを使って普通に運用。

休日に遠出するときはおやすみモードオンで

節電運用することにします。

おやすみモードの設定で

「iPhone を反映」をオンにすると

アップルウォッチをおやすみモードにすると

iPhoneもおやすみモードになってしまうので

「iPhone を反映」はオフにしておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
広告



アップルウォッチ3の初期設定

  アップルウォッチ3のGPSモデルを買いました!

ペアリングするiPhoneがiOS11以降じゃないとダメらしいので
あらかじめOSのアップデートをしておきます。

 横の長細いボタンを長押しで電源ON。
iPhoneとペアリングしましょう〜

Apple Watch を設定をタップ。

 

装着する腕を選択 → 左

 利用規約 → 同意する。

 

ワークアウトの時、位置情報を使うかどうか。

まあ後で変更できるやろうから有効にしておきました。

使用状況をアップルに送信するかどうか。

→ 共有しない

パスコードを設定すると

apple watchを腕から外すとロックがかかって

データを保護できるので設定しました。

アクティビティの設定をします。

生年月日、性別、身長、体重などを入力。

どれくらい運動するか目標値を設定。

少しだけ・適度に・たくさん

から適度にを選択しました。

支払いの設定。

apple watchで買い物しないので

後で設定をタップ。

iPhoneのヘルスケアAppの

メディカルIDに緊急連絡先を登録しておくと

watchのサイドボタン長押しで

緊急SOSを送信できますよ。

というお知らせ。

同期中。しばらくお待ちください。

その間 基本操作を勉強できます。

画面・デジタルクラウン・サイドボタンの説明

準備完了^^v

横の丸いボタンを長押しします。

ん? 再設定?

リセットしていいのか?

言われる通り近づける。

多分ここで

「新しいApple Watchとして設定」

をタップすればよかったと思う。

バックアップから復元をタップしてしまう><

選択する。

おぎゃー

またさっきの利用規約画面が出た

Apple IDを入力する。

今度は特に何もしなくても

ペアリングできた模様。

めでたし めでたし。^0^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
広告



Thetaで360°動画撮影→VR体験

相変わらずThetaでの撮影を楽しんでおります。^^v
今度は360°動画を撮影してVR体験をしたいと思います!

Thetaで撮影した360°動画や画像をスマホに送る

ThetaアプリでVRモードにして

VRゴーグルにセット

ゴーグルを装着すると360°VRの世界を
体験できます。


VRゴーグルは市販のものでもいいですし
ヨドバシでTHETA買ったら無料でこの紙でできた
ゴーグルくれたよ ^0^

VRははじめての体験だったけど
すごいですね。感動しました。


バイクのヘルメットにTheta取り付けて動画を撮影して
あとでVRゴーグルで見ると楽しいですよ!ヘ(゚∀゚*)ノ
ほんとにバイクのヘルメットに乗ってるみたいです。

ただThetaは動画はあまり画質がよろしくないです。
今年出ると噂の新型Thetaは動画もきれいに撮れる
らしいので期待ですね~ (∩・∀・)∩

—————————————
<広告>




ドラクエ11 改造ヨッチ族


本編そっちのけで時渡りの迷宮に入り浸っているわけですが



改造されたヨッチ族が出回っているとのこと。
公式サイトによるとやる気の上限は150なのに改造されたヨッチ族は
150以上やる気があるんだって。

そんなマッドなヨッチはうちには来てないよな?



来てた (^o^)ノ

公式サイトでは改造ヨッチ族がいた場合は
データ破損など予期せぬ事態が起こる可能性があるので
すぐに別れるように呼びかけています。

さようなら ダースガルマ (・∀・)ノ

—————————————
<広告>




nasneに外付けHDDを取り付ける

こんにちは。^-^
nasneで録画番組を楽しんでいるBou.Oです。
何をよく見ているのかといいますと放送大学なんですよ。
自分の興味がある講義を録画して見るのがおもしろいです。

しかし講義をたくさん録画しているとすぐに100ギガくらい使ってしまいました・・・^^;
nasneの容量が1テラバイトですからこの調子でいくとあっというまにハードディスクはいっぱいになってしまうでしょう。
しかしご安心を。nasneは外付けハードディスクを取り付けることができますから、大容量の外付けハードディスクを買って来てそっちに録画すればいいのだー ^^v

で、何テラバイトのハードディスクを買うかなんですが、できれば3テラバイトくらいのがいいかなーって思ったのですがnasneで使うにはフォーマットしてFAT32という形式にしないといけないそうです。
調べてみるとFAT32でフォーマットできる限界が2テラバイトとかなんとか書いてました。nasneに3テラバイトの外付けハードディスクを取り付ける裏技的なのもあるそうなのですが今回はやめといて、2テラバイトの外付けハードディスクを買いました。


エレコムの2テラバイト外付けハードディスクが安かったのでこれにしました。
エレコムのハードディスクははじめて買いましたが説明書にフォーマットのやり方が書かれていませんでした。


USBでパソコンに取り付けたところ。とりあえずsetup.exeをクリックしてみましたが製品の登録画面に飛ぶだけでフォーマットできず。


エレコムのホームページからエレコムハードディスクフォーマッタというのをダウンロードしてきます。ダブルクリックして起動し、次をクリック。


インストール先を指定します。通常はそのままクリックで良いと思います。


インストールをクリック。


インストールが完了するとデスクトップにアイコンができていますのでダブルクリックして起動します。


▽部分をクリックします。


外付けハードディスクを選択するとハードディスク本体のランプが青く点滅します。


フォーマットするとデータが全部消えてしまいますので、あ、しまった、フォーマットするハードディスク間違えたー なんてことをすると大変です。ランプでしっかり確認できるのは良いですね。私の使っているパソコンのハードディスクも2テラバイトなので自分のパソコンがフォーマットされないかちょっと心配だったのですよ^^;

確認できたらフォーマットをクリック。


FAT32を選択して実行をクリック。


実行をクリックするとフォーマットがはじまります。


フォーマットが完了すると、今度はnasne本体とUSBで接続します。
一番上の穴が外付けハードディスクを接続するUSB穴です。


取り付けたらnasneHOMEからハードディスク管理をクリック。


登録をクリック。


外付けハードディスクがnasneに登録されて使える状態になりました!


さっそく予約録画して見ましょう。
デフォルトでは録画先が nasne 内蔵HDD となっているので▽をクリック。


nasne 外付けHDD を選択します。
これでたっぷり放送大学で勉強できるぜ! ^0^

———————————-



nasneでテレビ視聴・録画・ファイル共有 part4

さて、前回まででパソコンとスマートフォンでテレビを見たり録画をしたりできるようになりました。
今回はnasneを介してパソコンとスマートフォンでデータのやりとりをしてみたいと思います。
iPhoneとandroid両方やります。

まずiPhoneから。
iPhoneに保存された写真をnasneに保存してパソコンで見たりコピーしたりしてみましょう。iPhoneでnasneにアクセスするアプリはいろいろありますが私はFileExplorerを使いました。
使い方は簡単です。^-^


まず+をタップしてnasneの登録をしましょう。


NASをタップするとネットワーク上にあるnasneが認識されていますので登録しましょう。


登録されると下にnasneが表示されるのでタップするとnasneに保存されているデータにアクセスできます。


share1をタップ


保存されている写真を見てみよう


nasneに保存されている写真がいっぱいでてきました。iphoneでnasneにアクセスできました。


次にiPhoneに保存されている写真をnasneに保存してパソコンで見てみましょう。
フォトライブラリをタップ。


編集をタップ。


保存したい写真を選択したら にコピー をタップ。


コピー先が表示されるのでnasneを選択します。


PHOTOフォルダに保存してみよう。


保存をタップすればnasneに写真がコピーされます。
次にnasneに保存されたデータにパソコンでアクセスしてみましょう。


エクスプローラーのアドレスバーにnasneのファイルサーバ名を入力します。
ファイルサーバ名はnasne本体の底面に記載されています。
nasne-****** みたいな感じのやつです。
入力したらエンターキーを押します。


これでnasneのデータにアクセスできました。share1をダブルクリック。


PHOTOをダブルクリック。


さっきiPhoneから保存した写真がありました。閲覧するなりパソコンにコピーするなり好きにできます。^^v
しかしiPhoneで撮った写真はいつも向きがおかしくなっているのはなんでなんだぜ?
MACのほうで見たらちゃんと見れるのにね。


share1フォルダはデスクトップにショートカットを作っておけばアクセスが楽ですよ。


ショートカットで簡単アクセス

————————————————————————————

さて、次はandroidです。androidにもFileExplorerというアプリはあるのですが使ってみるとなんかiPhoneと違う感じ?がして止めました。androidではFile Commanderというアプリを使用しました。
それでは設定して行きましょう。


左上からメニューを開きます。


ローカルネットワークをタップ。


右上のマークをタップ。


追加をタップ。


ドメイン名は省略してもいいようです。
サーバーの欄にnasneのファイルサーバ名を入力します。
ファイルサーバ名はnasne本体の底面に記載されています。
nasne-****** みたいな感じのやつです。
ユーザーとパスワードは入力せず
ゲストにチェックを入れました。
表示名は省略してもいいですが私はnasne1と入力しました。
入力したらOKをタップ。


ローカルネットワークにnasneが追加されました。タップするとnasneに保存されているファイルにアクセスできます。


さて、androidスマートフォンに保存された写真をnasneに移動させてみましょう。
写真をタップして写真を選択しても良いのですがなんかファイルの読み込みにすごい時間がかかるようなのです。直接 内部ストレージ から辿って行ったほうが早そうです。
内部ストレージをタップ。


カメラで撮った写真はたいていDCIMフォルダに入っていると思いますが機種によっては違うフォルダかもしれません。今回はDCIMをタップします。


Cameraをタップ。


移動させたい写真を長押しして選択します。今回はリンゴの皮むきの写真を送ってみます。
選択したら右上のマークをタップ。


移動をタップ。


ローカルネットワークをタップ。


nasneを選択して share1 → PHOTOフォルダをタップ。


PHOTOフォルダに入ってOKをタップするとファイルが転送されます。
パソコンで見てみましょう。


さっきのiPhoneの画像と今回送ったリンゴの画像がnasneに保存されていることが確認できました。

これでスマートフォンとパソコンのファイルのやりとりが楽になりますね~ ^0^

——————————————-



nasneでテレビ視聴・録画・ファイル共有 part3

さて、前回まででスマートフォンでテレビの視聴や録画の予約などの操作ができるようになりました。スマートフォンのアプリnasneACCESSでテレビを視聴する場合は500円の課金が必要となるのですが私はパソコンの大画面でテレビを見たいので課金しませんでした。

パソコンでnasneからテレビを見るにはPC TV Puls というアプリを使います。
ソニーのストアでダウンロードできます。
パソコン1台用は3000円です。
14日間無料で体験版を利用できますので使ってみました。体験版も製品版も機能は変わらないそうです。結論から言いますととても使いやすいアプリでまだ体験版を使っていますがいずれ購入する予定です。^-^

それでは使い方を見て行きましょう。


メイン画面です。 guide をクリックすると番組表が見られます。


番組の欄にカーソルを合わせて右クリックするとその番組を視聴したり録画の予約を行うことができます。予約録画をしてみましょう。録画する、をクリック。


予約するをクリックで予約完了。なんて簡単なのでしょう。(ノ´▽`)ノ


schedule をクリックすると予約している番組の一覧が見られます。


予約している番組


録画した番組を見るときは video をクリック。


録画した番組の一覧が表示されるので見たい番組を選択して再生をクリックすると視聴できます。これはnasneの中に保存されている番組データをネットワークを介して見ています。
番組データそのものをパソコンに転送する場合はPCに転送 をクリックします。
書き出しをクリックすると保存した番組をDVDやブルーレイなどに保存できます。
SeeQVault対応のSDカードにも保存できるそうです。


気に入った機能はこのマイサーチ。これは自分の好みの単語を登録しておくとその単語に見合った番組を番組表からピックアップして表示してくれる機能です。好きな単語を登録してみましょう。


いずれかのキーワードを含む を選択して好きな単語をぶち込んでいきます。
釣り、フィッシング、将棋、ジョジョ、ルパン を入力しました。
ああ・・・私の趣味がバレてしまう ^^;


デフォルトの設定のままだとBSやCSなどの有料放送の番組表からもピックアップしてしまうのでBSとCSのチェックは外しました。有料放送も契約している人はそのままOKをクリックしていいと思います。


OKをクリックすると設定完了でマイサーチの欄にキーワードからピックアップされた番組がずらずらと出てきます。いくつか良さそうな釣り番組をピックアップしてくれたので予約録画しましたw 
面白いのは他にも旅番組とか私好みの番組をピックアップしてくれていることですね。
これは便利だぜ! ^0^


さて、アプリを終了させてまた起動したらアップグレードを勧める画面になるのでここからライセンスを購入して製品版にアップグレードできるようです。使いやすいので購入予定です。^^v

パソコンの大画面でテレビを見たい人にはオススメですね~
スマホやタブレットでOKという人はnasneACCESSで良いと思います。

nasneで充実したテレビライフを楽しんでくださーい ヘ(゚∀゚*)ノ

————————————————————-



nasneでテレビ視聴・録画・ファイル共有 part2

スマートフォンにアプリをインストールしてnasneにアクセスしてテレビを見たり録画の予約などをしてみましょう。

nasneを操作するアプリはnasne ACCESSとtorne mobile の2つがあります。
どちらもテレビ視聴、予約録画などの操作が可能ですが
torne mobileはテレビに関する操作のみで
nasne ACCESSはそれプラス、nasne内のフォルダにアクセスして保存されたファイルを見たり、スマートフォン内の写真などのデータをnasne内に保存、バックアップなどができます。

私はnasneを介してパソコンとスマートフォンとのデータのやりとりもやりたいのでnasne ACCESSをインストールしました。


次へをタップ


nasneを登録します。nasne ACCESSをインストールしたスマートフォンとnasneが同じネットワークに接続されていないといけません。


同じネットワークにある場合は候補にnasneが出ています。
前回メモしたMACアドレス等が同じになっているか確認しましょう。


視聴モードの設定をします。光回線とスマートフォンをwifi接続している場合は画質優先で良いと思います。ちなみにnasne ACCESSのアプリを使用中はなぜかスクリーンショットが撮れないみたいです^^; 画像はデジカメで撮りました^0^


初回起動時はまだチャンネル設定がされていませんのでnasne HOMEからチャンネル設定をしましょう。


レコーダー設定をタップ


開始をタップ


お住まいの地域を選択します。チャンネルスキャンが始まってチャンネルが設定されます。


これでスマートフォンでテレビが見られるようになりました。^^v
<番組表は著作権に配慮してモザイクをかけています。/>


しかしテレビを視聴するには500円の課金が必要なのですよ。でも私はテレビはパソコンで見ようと思っていましたのでここでは課金をせずにお試し視聴で正常に視聴できるかどうかのチェックだけをしました。お試し視聴は20秒程度ですが映像も音声もきれいに受信できていましたので安心しました。

さて、次は録画の予約をやってみましょう。
予約録画をするにはCHAN-TORUというサービスを利用しました。
流れとしましては
CHAN-TORUのサイトでアカウントを作ってログインする

nasne登録用のパスワードを発行してもらう

nasneHOMEでそのパスワードを入力すれば登録完了

予約録画ができるようになる!

ちょっと面倒なようですがやってみると簡単ですよ^^v


CHAN-TORUのログイン画面です。googleやyahooなど様々なアカウントでログインできます。私はgoogleのアカウントを使用しました。


ログインしたら設定をタップ。


レコーダーを登録するをタップ。


nasneを登録する場合をタップ。


登録用のパスワードがが出てきますのでメモしておきましょう。


nasneHOMEにアクセスしてこちらから登録してくださいをタップ。


先ほどメモしておいたパスワードを入力します。これで登録完了です。


それでは予約録画をしてみましょう。番組表をタップ。


番組表から予約したい番組を選んで予約録画をするをタップ。


あらら。予約に失敗しました、と言われる。 (ノ∀`)
どうやらアカウントの地域情報が間違っていたようです。


ユーザー情報を変更するをタップ。


東京に住んでいないのに地域設定が東京都になっていました。正しい地域に変更しましょう。


再度番組表から予約してみるとちゃんと予約録画できました。
やったー ^^v

———————————————–



nasneでテレビ視聴・録画・ファイル共有

テレビ番組の視聴や録画は今までデスクトップパソコンにプリインストールされていたsmartvisionを使っていたのですが、最近なぜか調子が悪くなって予約録画をすっぽかしたりするようになりました。新しくテレビやレコーダーを買うとなるとかなりの出費になってしまいます・・・^^;

そこでsonyのnasneを購入しました。
これで何ができるのかといいますと

:できることその1:
スマートフォンやパソコンでテレビの視聴や予約録画ができる。

nasneにはテレビチューナーが内蔵されていますのでスマートフォンやパソコンに専用のアプリを入れておけばテレビを見たり録画を予約したりなどの操作ができます。
なんとなくプレイステーション3や4がないとダメというイメージがありますがそんなことはありません。nasneとスマホ1つあればOKなんですね!

:できることその2:
家のネットワークを使ってパソコンやスマートフォンのデータをnasneに保存できる。

androidスマートフォンやiPhoneから写真などのデータをパソコンに移動させるのがちょっと面倒だなーって思っていたのですよ。nasneがあればスマートフォンのデータをnasneに保存してパソコンでnasneの保存フォルダにアクセスすればすぐにデータを取り出せます。実際使ってみると超便利!

他にもいろいろできますがとりあえず私がやりたかったのは上記2点でした。
これが23000円くらいでできてしまう。テレビもレコーダーも不要なのよ~^0^

それでは初期設定などをしていきましょう。
まずLANケーブルやテレビアンテナや電源ケーブル等と接続する前に本体の底面をチェックします。


ここにはMACアドレスやファイルサーバー名が記載されています。
スマートフォンやパソコンでnasneにアクセスしたり操作する際に必要になりますのでメモしておきましょう。


一番上の穴は追加のハードディスクを接続する穴です。

その下がLANケーブルを挿入する穴です。
LANケーブルのもう一方はルーターと接続します。
接続時にルーターやモデムの電源をどうするのか調べましたがわからなかったので電源は入れた状態で接続しました。特に問題はありませんでした。

その下の出っ張りはテレビに出力する端子なので使いません。
その下の出っ張りはアンテナ入力端子なのでここにテレビアンテナケーブルを挿します。

一番下の黄色い穴が電源端子なので電源ケーブルを挿入します。
電源が入ると最初はしばらく時間がかかりますがやがて前面の一番上のランプが緑色に点灯します。recランプの下のランプが橙色に点灯すると正常にネット回線と接続できています。

以上でnasne本体の接続は完了です。
これだけでは何もできないので次はスマートフォンやパソコンに専用のアプリをインストールしてnasne本体の初期設定、テレビ番組のチャンネル設定、予約録画の設定などをしていきます。

———————————————–