復元ソフト EaseUS Data Recovery Wizard を使う



iPhone用のアプリを作るときにwindowsからmacにデータを移すことがよくあり、いつもUSBメモリーを使っているですが、うっかりデータを消してしまったりUSBメモリーが壊れたりして困ることがあります。

そんな時にあると安心なのが データ復元ソフト EaseUS Data Recovery Wizard です。操作も簡単なのでおススメです。

↑ こちらからどうぞ ↑

使い方は簡単です。

USBメモリーの中身。
テキストやexcel、MP3ファイルや画像、動画などが入っています。
動画は1ギガを超えるものもあります。
しまった!
誤ってフォーマットしてしまったぞ
そんな時も
EaseUS Data Recovery Wizard
があれば安心です。
起動画面。
復元したいドライブを選んでスキャンをクリック。
ドライブのスキャンが終わると復元できるフォルダが表示されます。
スキャン時間は1.5ギガ使用の8ギガUSBメモリーで約5分。
復元したいフォルダを選択してリカバリーをクリックします。

フォルダ名は名前が変わっていますがファイル数など
からどれがどのフォルダかだいたい分かりました。
リカバリーが始まります。
1.5ギガ程度の復元なら1分くらいで完了しました。
画像フォルダ。
フォルダ名はpictureからDIR3に
ファイル名は先頭の1文字が#にリネームされていました。
問題なく閲覧できます。
こちらはファイルフォルダ。こちらはほとんどのファイル名が
そのまま復元できていました。
1つだけgoto.txtが#OTO.TXTになっていました。
MP3の再生問題なし。エクセルやテキストファイルも
完全に復元できていますね。
最後に動画ファイル。1ギガを超えるものもあります。
片方のファイルのプレビューが表示されていませんが果たして?
#IMG2641.MOV
問題なく復元できていました。
#IMG2642.MOV
こちらは1ギガ超えのファイルでしたが
これもバッチリ復元 ^0^

EaseUS Data Recovery Wizard いいですね。無料版もありますのでインストールしておけばもしもの時に安心です。

↑ こちらからどうぞ ↑

———————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です