アップルウォッチ3のバッテリーがどれくらい持つのか検証

私がアップルウォッチでやりたいことは

地図を見ること。

バイクや自転車で遠出したときに

現在地がわかればOK。

他の脈拍やらワークアウトの機能は使わずに

地図で現在地を確認しながら4時間自転車で

遠出するとどれくらいバッテリーが減るのか

調べてきました。

アップルウォッチにはGPS が内蔵されているので

オフラインでマップ表示できるだろうと思い

iPhoneのBluetoothオフで出発してみるとコレ。

オフラインでマップ表示は諦めて

Bluetoothオン。iPhoneとペアリングします。

ぶらっと自転車で適当に移動。

新大阪駅まで来たよ。

おおー ちゃんと現在地が表示されている。

これですよコレ

これがやりたかったのですよ!

豊中市まで走って来た。

時刻の左に月のマークが出てますが

おやすみモードにしています。

通知も何も来ないので節電できます。

服部緑地までやって来た。

初めての場所もマップがあれば余裕ですな!

時計横のデジタルクラウンを回すと

拡大・縮小できますよ。

吹田駅前イオンまでやって来た。

10時半に出発したから4時間走ったのです。

さーて 気になるバッテリーは〜?

うほー

まだまだ全然イケますな!

旅先でチラチラ地図を見るだけの運用なら

かなり持ちますよ!

平日はおやすみモードオフで

通知やワークアウトappを使って普通に運用。

休日に遠出するときはおやすみモードオンで

節電運用することにします。

おやすみモードの設定で

「iPhone を反映」をオンにすると

アップルウォッチをおやすみモードにすると

iPhoneもおやすみモードになってしまうので

「iPhone を反映」はオフにしておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です