Unityでファイルを削除する時の注意点



exsistFileName="hoge.png";

            var captureDirectory = Application.dataPath;
            var captureFileName = exsistFileName;
            var capturePath = Path.Combine(captureDirectory, captureFileName);
            if (File.Exists(capturePath)) File.Delete(capturePath);

こんな風に書くとファイルを削除することができますが

A meta data file (.meta) exists but its asset ‘Assets/hoge.png’ can’t be found. When moving or deleting files outside of Unity, please ensure that the corresponding .meta file is moved or deleted along with it.

こんな警告をされることがあります。

画像は削除したけどメタデータは残ってるよ。
メタデータも一緒に削除しないと恐ろしいことになりますよ、という脅しらしい。

なので上の命令の後に

exsistFileName="hoge.png.meta";

      captureDirectory = Application.dataPath;
            captureFileName = exsistMetaName;
            capturePath = Path.Combine(captureDirectory, captureFileName);
            if (File.Exists(capturePath)) File.Delete(capturePath);

こんな風にセットで削除すれば怒られない。

ふふふ。やったぜ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です