Blenderで次元を作ってアニメーションさせる



↑作成動画
ガンマンには夕日がよく似合うぜ!
正面からと真横から見た下絵を描きます。
顔のパーツとか腕、腰の位置などは正面と横で揃えて描きます。
プロパティパネルの下絵にチェック入れて下絵を読み込む。
正面の画像は座標軸メニューから前を選択、横の画像は右を選択。
不透明度を調整して前を選択。
下絵に沿ってペタペタ面を張っていきます。
頂点や辺を押し出すにはEキー。
新しく頂点をつくるにはctrl+左クリックだよ

こんな感じになりました。
次はこれにボーンという骨格を入れて動かせるようにしよう
追加→アーマチュア→単一ボーンでボーン作成。
編集モードで先端を選択してEキーで押出し。
人体のモデルに沿って骨格を作っていきます。
こんな感じになったよ。
次はボーンとボディオブジェクトを関連付けします。
bodyオブジェクトを全部選択した後、shiftキー押しながら
ボーンオブジェクトを選択。
オブジェクト→親→自動のウエイトで→自動のウエイトで
これでボーンを選択→ポーズモードから
ボーンを動かすと体も動きます。
これで思い通りに動くのかといえばそんなことは稀で
大抵はこんな風にオブジェクトが破綻したりします^^;
ウエイトペイントモードにしてボーンの影響範囲を設定します。
Drawでボーンがオブジェクトに与える影響度を設定します。
塗れば塗るほど赤くなって影響度が強くなります。
影響度を強め過ぎたらSubtractで弱めます。
あとはポーズモードでボーンを動かしてポーズを作って
iキーでキーフレーム打って
またちょっとフレーム動かしてポーズ作って
iキーでキーフレーム打って
パラパラ漫画の要領でアニメを作ります。
はーい 完成でーす ^0^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です