HSPでよく使うスクリプトの備忘録1

私がよく使うスクリプトを備忘録として書いておきます。

——————————————————————————
HSPでCSVファイルを読み込む

sdim w,10000

;読込む行列指定
row=250
lin=250
;読込む行列指定

sdim d,64,row,lin

sdim txbf,64000

bload “CSVread.csv”,txbf

;指定ファイル読込

notesel txbf

repeat lin
noteget w,cnt
c=cnt : i=0
repeat row
getstr d.cnt.c,w,i,’,’
i+=strsize
loop
vst=c\100
if vst=0 : wait 1
loop
;指定ファイル読込

mes d.0.0
mes d.0.1
mes d.0.2
mes d.0.3
mes d.0.4

mes d.1.0
mes d.1.1
mes d.1.2
mes d.1.3
mes d.1.4

mes d.2.0
mes d.2.1
mes d.2.2
mes d.2.3
mes d.2.4

mes d.3.0
mes d.3.1
mes d.3.2
mes d.3.3
mes d.3.4

mes d.4.0
mes d.4.1
mes d.4.2
mes d.4.3
mes d.4.4
stop

——————————————————————————

——————————————————————————
HSPでデータをセーブする・ロードする

変数floor と flgend にinput命令で数値を入れてセーブ。
いったんウィンドウを閉じてロードボタンを押すとセーブした値が読み込まれます。

*main
clrobj
cls
pos 0,0
mes “floor= “+floor
mes “flgend= “+flgend

input floor
input flgend

button “セーブ”,*save
button “ロード”,*load

stop

*save
;exist “svflr”
;if strsize>-1 : delete “svflr”

alloc chrdt,8
lpoke chrdt,0,floor
lpoke chrdt,4,flgend
bsave “svflr”,chrdt,8

goto *main

*load
exist “svflr”
if strsize=-1 : goto *main

alloc chrdt,8
bload “svflr”,chrdt
floor=lpeek(chrdt,0)
flgend=lpeek(chrdt,4)

goto *main

stop


値を入力してセーブボタンを押します。


ロードするとセーブした値が読み込まれます。

————————————————————-
<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です