詩歌療法

心理臨床の詩歌療法について学習しました。

言葉とは何か?

1.情報交換(記号)としての「ことば」

患者さんから症状を聞く、経過を聞くなど
情報伝達の手段

2.「ことば」の持つ創造性

自分の気持ちを俳句や歌、詩などによって表現
比喩表現もそのひとつ

患者さん「頭が重い」
ドクター「どんな感じですか?」
患者さん「脳みそが水に浸かっていてその中に針が2~3本ある感じ」
ドクター「おおー なるほど なるほど」

→ 比喩的表現によってイメージとして認識できる

3.コミュニオン

親しい者同士(家族や共同体など)において
「やあ」「おはよう」「どう?」「おっす」
などのような簡素な表現でも気持ちが通じること

人間の交流における最も基本となるもの
コミュニケーションの土台

* 心理療法で主として使われるのは2の創造性と3のコミュニオン

心理療法の基本
患者さん → 心の中を表に出す(なかなか難しい)
ドクター → 心の中に固く閉ざされているものをいかに表に出してもらうか

患者さんに心の中を表に出してもらってはじめて通じ合うことができる
心の固い殻をやわらかくするもの=言葉の創造性(やわらかい言葉)
情報伝達としての言葉=正確性が求められる(かたい言葉)

心理療法の場においてやわらかい言葉でコミュニケーションをとることが有効なことが多い。しかしやわらか過ぎても却って患者や治療者が混乱することもあることに注意が必要である。

治療者はなるべくたくさんの例えや比喩、俳句表現などの知識を持っていたほうが良い。

~ 詩歌療法 ~

詩歌とは
→ 自由詩・俳句・短歌・連句など

・詩、ことばのもつ治療的意義

1.詩的な表現は自由である

詩の表現

自由に言葉を並べることができる

人間の心の底にある情動が表現されやすい

2.詩の世界と心の世界の共鳴・共感

聞き手は詩を聞いてその人の心の奥が理解できるようになり
詠み手は自分の心の世界が詩によって表現されることにより心が解放される

3.詩を間に置いてのやりとり

詩を書くときその人は聞き手を想定して書いている
→ その聞き手には自分自身も含まれている

患者さんの詩や俳句を治療者が聞くとき共感ばかりではダメ

* 患者さんが心の中のものを表現して、治療者がそれを理解し、それらのやりとりの中で患者さん自身が自分の心の問題点に気づいたり、新たな自分、新しい世界を発見して現実世界で生きて行くことができるようになる。

イメージとしては
患者さんの心の世界 = 海
治療者の現実世界 = 陸

治療者が立つべき位置は海と陸の境目の浜辺が望ましい。
つまり治療者が現実世界の陸にいたままではいつまでも患者の心の奥が分からない。
共感ばかりで患者さんの心の海に入ってしまうとそのまま溺れてしまう。

うつの人Aさんとその友人Bさん
Aさんに共感しすぎるとBさんもうつに

:俳句について:

わずか17文字の表現で長々と話を聞くよりも患者さんの心がよく分かる場合がある。
・言葉の持つ「響き」
・患者さんに声を出して読んでもらう→「調べ」がわかる
・詠んだ後の「しじま」の共有・共感

:俳句療法の利点:

1.安全な枠組みの中で、作りやすい
2.日常の「生きたコミュニケーション」の媒体となる
3.日常的関心の回復が期待できる
4.言葉の回復を助ける
5.葛藤の溶解、情動のカタルシスをもたらす

原生代について

地球史の原生代について勉強しました。

原生代とはどのような時代か?
25億年前から約6億年前まで

・全球凍結 (23億年前&6~7億年前)
・真核生物出現 (21億年前)
・4重極磁場の出現
・陸地面積増大
・海水の逆流
・スターバースト

~ 原生代の大陸成長 ~
→ 大陸面積が15%から80%へ増加

萌芽的小大陸から19億年前にヌナと呼ばれる超大陸ができた
原生代末期にはロディニアと呼ばれる超大陸が出現 → 割れはじめる

~ 2回の全球凍結と生命進化 ~

全球凍結
→ 地球全体が凍ること

原生代の9割は地球は温暖な気候であったが23億年前と6~7億年前の2回、全球凍結が起こっている。

なぜわかったのか?
→ かつて赤道地域にあったことを示す堆積物に氷河性堆積部(ドロップストーン)が存在していたから。マリアノン氷河性堆積物が世界各地で見つかっている。

2回目の全球凍結から2億年後にカンブリア紀の爆発と呼ばれる生命進化の特異点
→ 全球凍結と関連があるのか?

~ 酸素濃度の変化 ~

原生代前の酸素濃度 → 現在の 1/1000以下

25億年前に急激に酸素濃度が増加しその後 大きく変動

原生代半ばに再び低下

原生代終わりには急激に酸素濃度が増加

現在の酸素濃度(大気の20%)まで上昇

・酸素濃度増加の原因
a. 陸地面積が増大し浅い海のストロマトライトが増えたから
b. 堆積物が有機物を埋没させるたことも要因のひとつ

酸素は嫌気性の原始生命にとっては環境破壊物質であるが、酸素を代謝に使う好気性の生命にとっては重要な物質である。

~ 原生代の生命進化 ~
原生代の間に生命は体を2回 大きくした

1回目の巨大化
→ 原核生物から真核生物への進化

2回目の巨大化
→ 真核生物から後生動物や植物への進化

~ スターバーストと自然原子炉 ~

23億年前に地球史上最大のスターバースト(近傍超新星爆発)

凄まじい外力(スターバースト)によって地球を守る太陽のバリア(ヘリオスフェア)が縮退。どれくらい縮退したのかというと100天文単位から1天文単位まで縮退した。なんてこった

地球は大量の銀河宇宙線にさらされる

高エネルギー宇宙線が大気に入射すると雲形成が促進

気温が下がって全球凍結

光合成が激しく低下し、酸素濃度が急減

表層の生態系が崩壊、酸素が少なくても生きられる嫌気的微生物生態系が活動域を増やす

スターバーストの時代が終わり、全球凍結解除(21億年前)になると表層環境は再び回復

新たな生態系の再構築

新たな生態系の進化の加速

・大陸分裂によって放出される放射性元素を大量に含むマグマ(HiRマグマ)と関連がある。

・環境放射線が異常に高い状態においては遺伝子変異率が増加することに起因
→ 強い放射線で生命のゲノムが傷つく

遺伝子を修復できなかった場合
→ 死滅・絶滅

遺伝子を修復できた場合
→ 生き延びる

生命の進化
→ 絶滅と遺伝子変異による新種誕生

臨床心理学について

臨床心理学を勉強しました。

~ 臨床心理学とは ~
・なんらかの心の問題や葛藤を持つ人々に対して心理学的な知識や技法で援助する実践
・その実践のための理論や技法を研究する学問

司法の場における臨床心理学者

矯正保護心理学
被害者心理学

他の領域の心理学
→ 研究などに重点を置く。実践はその応用。

臨床心理学
→ 実際に現場に入って心の問題を抱えた人々に直接会う
→ 実践が学問の中核

~ 心理臨床の領域 ~
・教育 (学校カウンセラーなど)
・医療
・福祉
・個人開業
・司法
・その他

~ 司法領域の心理臨床 ~
犯罪・非行における臨床心理学

犯罪・非行臨床の実務
1.犯罪者・非行少年にたいするアセスメント
[目的]
→ その個人が、なぜ犯罪・非行を行ったかを理解する
→ その個人が、犯罪・非行を繰り返さず、立ち直るために、どのような教育的働きかけや治療が有効かを提言する

アセスメント
→ 各技法を用い、多面的な情報・資料を収集し、統合する

技法の種類
・面接
→ 語られた内容だけではなく、話し方や態度といった非言語的コミュニケーションからも多くの情報

・行動観察
 a.自然観察
 → 自然のありのままの状態を見ていく観察

 b.実験観察
 → 意図的な働きかけを加えて、それに対する反応を詳しく見る
 
・心理テスト(テストバッテリー)
→ 知能検査やパーソナリティー検査など数種類の検査が行われるのが一般的

・社会的資料の収集 (重要)
→ 対象者の親、学校、職場など対象者にとっての重要な他者から生育史や学校生活、就業の様子、対人関係など事実的側面の情報を把握
→ 対象者を周囲の環境との相互作用の観点から把握する
 
ここで得られた対象者の認識が、前もって行われた面接や心理テストで得られた情報と異なることもある。

2.犯罪者・非行少年に対する教育的・治療的介入
[目的]
→ その個人が、犯罪・非行を繰り返さず、健全な社会復帰をすること
→ 再犯を防ぐことが被害者を増やさないことにつながる

~ 犯罪・非行臨床における動向 ~
1.心神喪失者等医療観察法制度の導入
2.成人矯正および更生保護における処遇プログラム受講の義務化
3.犯罪被害者への心理的支援

~ 犯罪・非行臨床の特徴 (一般臨床との違い)~
・非自発的な対象者
a.自発的ではなく、むりやり臨床の場に引きずり出されたため動機づけが低いことが多い。
b.治療者に不信感や敵対な感情を持つことが多い。

・二重の役割
 a.対象者を支援する役割
 b.社会の安全を確保する役割

・各機関の法的な位置づけによる時間的な制約がある

~ 心理臨床に求められること ~
犯罪や非行行動、司法制度に関する知識は必要であるが
基本は一般の心理臨床と同じ。
・対象者を理解し、援助するために、アセスメントの方法を身につけること。
・援助するための理論や技法を学ぶこと。
・彼らにかかわっている自分の実践について、自分自身について振り返ること。

~ 代表的な臨床心理面接のアプローチ ~
・過去から現在に至る過程に着目する
→ フロイトの精神分析学など

・現在の主観的・現象的世界に着目する
→ ロジャースの来談者(クライエント)中心療法など

・環境が及ぼす影響や、人が自分を取り巻く環境をどのように認識するかに着目する
→ 行動療法・認知行動療法など

・心の問題を個人ではなく、周辺の人も含むシステム全体の問題としてとらえる
→ 家族療法など

生態系における撹乱

生態系における撹乱について勉強しました。

撹乱とは何か?

カワラノギクの例

カワラノギク
・キク科の可変性二年草
・砂礫に覆われた川原に生育
・絶滅危惧植物

カワラノギクが生育するには他の生物に邪魔させない場所が必要

大きな石がゴロゴロ転がっている場所に生育

他の植物も生えて成長し始めるとカワラノギクピンチ

河川の増水によって石や植物が流されてまたゴロゴロ石が転がっている場所ができる(撹乱)

カワラノギクの種がいち早く発芽し、花を咲かせて種を作る

カワラノギクの天下 再来

なぜ絶滅危惧種になってしまったのか?

人間がダムなどで河川の水量を適切にコントロールするようになる

あまり大規模な増水・洪水が起こらない

ゴロゴロ石が転がっている場所ができにくくなった

現在は人工的にそのような場所を作る試みがなされている

撹乱とは
・ある場所から生物体が除去され、そこに新しい生物が定着することが可能になる「変化」のこと
・今まで生息していた生物が占有していた空間や資源が解放され、他の生物もそれらを利用できるようになること

いろいろな撹乱

:波浪:
強い波が岩や人工構造物に付着した生物を剥離させる(撹乱)

他の生物が生育できるようになる

:野火・山火事:
野火や山火事によってその場所に生育していた生物がなくなる(撹乱)

地上が燃えても地下はあまり温度が上がらないため地下茎や種は生きている

植生の再生

:強風や落雷:
台風などの強風や落雷などにより木が倒れ、そのとき他の植物等も巻き添えにするため空き地(樹冠ギャップと呼ぶ)ができる(撹乱)

植生遷移の段階が局所的に逆行する

新しい生物育成のチャンス

:放牧:
草食動物の群れなどによりその場所の植物が食べられる(撹乱)

他の生物が生育できるようになる

~ 種の多様性からの観点 ~

家畜がいない場合(撹乱なし)

競争に強い植物がその場所を占有してしまう

種の多様性が落ちていく

適度に家畜がいる場合(適度な撹乱)

草が食べられて競争に強い植物もその場所を占有できない

種の多様性が高くなる

* 適度な撹乱なら問題はないが、過度の撹乱が起きるとその場所の植生が失われてしまう

例えば、限られた場所に多くの家畜を放牧した場合(過放牧)、家畜がその場所の植物を食べ尽くしてしまって植物が再生できなくなる。(退行遷移)

撹乱の影響

撹乱が無い場合
→ 競争に強い生物が空間や資源を占有してしまう
→ 生物多様性の減少

撹乱の影響が大きい場合
→ 影響が大きすぎるとどの生物も生きられない

中規模な撹乱のとき種の多様性が最大となる。(中規模撹乱説)


Connell,J.H.(1978年)による中規模撹乱説の図説

:思ったこと:
人間は地球の動植物を食べて生きているがこれも撹乱にあてはまると思う。
過放牧で退行遷移が起こるのと同様に
人口が増えすぎると地球にも同じことが起こるのではないか?
現に地球上の絶滅危惧種は増加していて種の多様性が減少していると思う。
この先どうなるのかな?
・・・
などと思いました。 ^-^

気象学1

気象学について学んだことを忘れないようにノートしておきます。

・なぜ低気圧の付近で天気が悪くなるのか?

・低気圧・高気圧とはどういうものなのか?

気圧が低いから低気圧、高いから高気圧、といったように単純に振り分けられるものではない。
1034hpで低気圧のところもあれば1018hpで高気圧となるところもある。
周囲の気圧と比べて高いか低いかで相対的なものである。

・なぜ相対的なものなのか?
→ 周囲と比べて気圧が高いか低いかが天気に大きく関係してくるため

一般的に上空で吹く風は等圧線に沿って平行に吹く
→ 気圧傾度力とコリオリの力のバランス

地表付近で吹く風は地表面から摩擦力を受けるため

気圧傾度力=気圧が高いほうから低い方へ向かう向き
北半球の場合、コリオリの力は風の向きと直角の右向き
摩擦力は風を押さえる向き=風向と逆方向

このような風を摩擦風と呼ぶ

・低気圧の付近ではどのように摩擦風が吹くのか?
→ 反時計回りで中心に向かっていく (水平収束という)
水平収束があると中心に向かった風はどちらかに逃げて行かなくてはならない。
下には地面があるので逃げられない
→ 上に逃げる → 上昇気流発生 → 雲ができる → 天気が悪くなる傾向

台風や熱帯低気圧と温帯低気圧の違い
→ エネルギー源が違う

台風や熱帯低気圧のエネルギー源
→ 海から供給される水蒸気の潜熱エネルギー

温帯低気圧のエネルギー源
→ 有効位置エネルギー(取り出すことが可能な位置エネルギー)

温帯低気圧は水平方向に温度差があるところで有効位置エネルギーの解放により得られたエネルギーで発達して行く

温帯低気圧の構造

寒冷前線
冷たい空気から暖かい空気へ風が流れる
→ 狭い範囲で強い雨が降りやすい

温暖前線
暖かい空気から冷たい空気へ風が流れる
→ 広い範囲で雨が降りやすい

上空の気圧の谷は地上付近の低気圧より西側に存在する傾向がある。

中緯度地域では温帯低気圧と移動性高気圧が偏西風の流れに沿って西から東へ移動して行く。

・どのようにして低気圧ができるのか?
→ 傾圧不安定によって形成

温帯低気圧ができやすい地域
→ 南北方向に温度差がある地域 → 上空ほど偏西風が強い(ジェット気流)
→ 傾圧不安定現象

傾圧不安定がどのようにして起こるのか実験


丸い容器の一番外側にお湯。これが暖かい空気。
その内側には普通の水。これが大気の様子。
一番内側に冷たい氷水。これが冷たい空気。
普通の水には大気の流れが分かるようにアルミを浮かべる。
このアルミがどのような動きをするのかを見る。
地球が自転するのを考慮して装置を乗せた台を反時計回りに回転させる。


低回転時はアルミは同心円状に反時計回りに動く。
→ 低緯度での大気の流れ


さらに回転を上げるとおむすびのような流れに。
→ 中緯度での大気の流れ


さらに回転を上げると5方向に蛇行した流れになる。
→ 高緯度での大気の流れ

中・高緯度では傾圧不安定になる
→ 温帯低気圧の発生