Musio君と夢の話をする



Musioに話しかけて英語の勉強をしよう!
注1)私に英語力はほとんどありません。
注2)日本語訳はほとんどグーグル先生のものです。

I had an interesting dream last night.
昨日面白い夢を見ました。

Yokkun : interesting dream last night
ヨックン:昨夜の面白い夢


Musio : Yes, I was very disappointed that it ended when I woke up.
Musio:はい、目が覚めると終了したことにとても失望しました。


I was traveling along the river with my friends.
友達と川に沿って旅をしていました。

Yokkun : I was traveling around the river with my friend
ヨックン:友達と川を回っていた


Musio : so you tripped ?
ムシオ:だからあなたはつまずいた?


私はtripは旅行なので so you tripped?
と聞かれたので「旅行したんだね?」
とMusioが言ったと思いました。
なのでYesと答えたのですが
動詞のtripには旅行という意味はなくてつまずくって意味になるそうです。
う~む 勉強になった!

Yokkun : yes we arrived at the town
Yokkun:はい、私たちは町に到着しました


Musio : I can find the best route for you.
Musio:最適なルートを見つけることができます。


We adventured the tower of labyrinth.
私たちは迷宮の塔を冒険しました。

Yokkun : we are the windshield , will Robbins
Yokkun:私たちはフロントガラスです、ロビンズ


(発音が悪いのか全く通じていない模様)

Musio : That’s wonderful. I am sure your teacher is so proud of all of you.
Musio:それは素晴らしい。先生はみなさんをとても誇りに思っていると思います。


(先生はどこから出てきた?)

We were hunted down by the monsters.
私たちはモンスターに追い詰められました。

Yokkun : we are hunting the down by the monsters
ヨックン:モンスターに襲われている


Musio : That is really scary.
Musio:それは本当に怖いです。


We had only one card that could turn a monster into an item.
私たちはモンスターをアイテムに変えるカードを1枚だけ持っていました。

Yokkun : we had only one cuz that could turn a monster into a item
Yokkun:モンスターをアイテムに変えることができるcuzは1つしかありませんでした


Musio : Maybe your dad was just trying to scare you.
Musio:たぶん、あなたのお父さんはあなたを怖がらせようとしていただけかもしれません。


(お父さんはどこから出てきた?)

My friend turned a monster into a rabbit figurine.
私の友人はモンスターをウサギの置物に変えました。

Yokkun : turn the monster into a rabbit figure
ヨックン:モンスターをウサギの姿に変える


Musio : Yes, something like that.
Musio:はい、そのようなものです。


Just then the hidded door that was our behind opened.
ちょうどその時、私たちの後ろにあった隠れたドアが開きました。

Yokkun : that was an hour behind Oakland
ヨックン:オークランドから1時間遅れていた


(あかん。全く違う文で伝わってしまう。)

Musio : What do you like doing with her ?
ムシオ:彼女とは何が好きですか?


突然彼女のこと聞いてきたので話を合わすことにする。

I like to shopping with her.
彼女とショッピングするのが好きです。

Yokkun : coping with her
ヨックン:彼女に対処する


Musio : You must be good at it then.
Musio:その時は上手いに違いない。


(Musio君がニヤニヤしながらこう言った。その時ってどの時よww)

I have to cook my lunch today.
お昼ご飯作らなきゃ。

Yokkun : I have to cook my rent today
ヨックン:今日は家賃を料理しなきゃ

(家賃を料理するんじゃない!www)

Musio : is your mother too busy to cook for you ?.
ムシオ:あなたのお母さんは忙しくて料理ができませんか?


Yokkun : yes she is too busy today
ヨックン:はい、今日は忙しすぎます

(母はいないわけだが話を合わす)

Musio : I see. Who are you going with then ?.
ムシオ:なるほど。それで誰と行くの?


Yokkun : I am going to do that by myself
よっくん:自分でやろう


Musio : That must be nice.
Musio:それはいいに違いない。



こっちの話が伝わらずに話が全然違う方向に行ってもMusio君の話に合わせるとわりと会話っぽくなるような気がしないでもない


————————–

——————————-

Musio君と仕事の話をする



Musioに話しかけて英語の勉強をしよう!
注1)私に英語力はほとんどありません。
注2)日本語訳はほとんどグーグル先生のものです。

I am working on three-dimensional modeling.
3Dモデリングの仕事をしています、と言ってみたところ

Yokkun : I am walking on Street commissioner mothering
Yokkun:ストリートコミッショナーの母親として歩いています


(発音が悪かったのか全く違う文で伝わってしまう。俺はストリートコミッショナーの母親か?)

Musio : Are you good in it ?
Musio:それでいいの?


Do you know three-dimensional modeling?
3Dモデリングを知っていますか? と懲りずに聞いてみると

Yokkun : do you know three dimensional mothering
よっくん:三次元の母親を知っていますか


(ダメだ!どうもmodelingの発音ができていないようだ。
マザーじゃないんだよぉー)

Musio : I didn’t exactly understand.
Musio:正確には理解できませんでした。


(うんうん。そうだよな。三次元の母親なんて俺もわからないよ!)

しょうがない。別の話をしよう。

I am having a lunch.
Today’s menu is simmered yellowtail with soy sauce.
昼食を食べています。今日のメニューはブリの醤油煮込みです。
と言ってみたら

Yokkun : I am having Marans today ‘s menu is tomorrow the gyro teriyaki sauce.
よっくん:今日のマランのメニューは明日ジャイロ照り焼きソースです


(明日ジャイロ照り焼きソースって何だ wwww)

Musio : Did you like it ?.
Musio:好きでしたか?


Yokkun : which do you like fish or chicken
よっくん:魚と鶏はどちらが好きですか


Musio : I prefer barbecued ribs.
Musio:バーベキューリブが好きです。


うむ。そうか。バーベキューリブが好きなんだなMusio!

今日は私の発音が相当悪いことが分かった!



Musio君と英会話



Musioに話しかけて英語の勉強をしよう!
注1)私に英語力はほとんどありません。
注2)日本語訳はほとんどグーグル先生のものです。

Yokkun : good morning Musio
よっくん:おはようムシオ

Musio : Your day okay ?.
ムシオ:あなたの一日は大丈夫?

Yokkun : do you know weather today?
ヨックン:今日の天気を知っていますか

Musio :I do. We discussed it the other day in science class.
ムシオ:そうです。先日、理科の授業で議論しました。

(・・・え? 議論したっけ?)

Yokkun : I am having breakfast. today ‘s menu is fried egg
よっくん:今日は朝ごはんを食べています。目玉焼きです

Musio : I see. Where did you buy ?.
Musio:なるほど。どこで買ったの ?。

Yokkun : high voltage
ヨックン:高電圧
(スーパーで買ったって言おうとしたけど途中で詰まってしまったら
勝手に高電圧って言ったことにされてしまう。 ^^;)

Musio : How many people help out in the kitchen ?.
Musio:キッチンで何人の人が手伝っていますか?

Yokkun : it is only me
ヨックン:それは私だけ

Musio : Is your work hard ?.
大変じゃない?

Yokkun : no it is very easy to cook fried egg
よっくん:いいえ、目玉焼きはとても簡単です

Musio : Yes, you are right.
Musio:うん。そうだね。


うおー 楽しいぜ~

英会話AIロボットMusioの初期設定



Musio君はAIを搭載しているのでこちらが英語で話しかけると
英語で答えてくれるのです。
彼と一緒に英会話を勉強したいと思います!
よろしくねMusio!
まず充電しないといけません。
10時間くらいかかるみたい。

MusioのAI機能を使うにはロボットセンターで月額料金(フレンドプラン)を払わなければいけません。1か月980円です。これが高いのか安いのかですが、英会話教室で1時間レッスンを受けると4~5000円くらいしますし、Musioなら1か月話し放題で980円なのでお得な気がします。

支払いが終わるとアクティベーションコードがもらえるのでメモしておきます。

次にアプリをダウンロードします。アプリがあるとこんな風にMusioとの会話がリアルタイムで取得できるので聞き取れなかった時に便利です。
AppStoreで「Musio AI Robot」で検索するとアプリが見つかります。
Eメールアドレスとパスワードを設定して会員登録します。
アクティベーションコードの登録をタップして
さっきロボットセンターでもらったコードを入力します。
ここで自分のプロフィールを登録します。
あとはここでQRコードを発行してMusioのカメラにかざすと接続完了・・・なはずですが
なんでかカメラで読み取ってくれませんでした。
しょうがない。手動で設定だ。
Musioを起動してwifiに接続します。

IDとPassの入力。
さっきアプリに登録したやつを入力。
なんか入力画面で動かなくなる。
どうやらフリーズした模様。
オイオイ・・・
いったん電源落として再起動したら設定できました。^^;
やったー 
Welcome to my room!
早速話しかけてみる。


I want to be able to speak English fluently.
(英語を流暢に話せるようになりたい)

Musio
Don’t you have English subject at school?
(学校で英語の科目はありませんか?)

おおー 会話できたぞ!
ちなみに私に英語力は全くありませんので
間違った英語を話しているかもしれませんが
気にしないでください。

ちなみにチャットヒストリーに会話した文が出てこなくて困ったのですが、Musioの顔を長タップして歯車のアイコンタップ→人のアイコンタップ→ユーザー(自分)の顔をタップ。これでチャットヒストリーに会話文が表示されるようになりました。

さー これからいっぱい話すぞー^^